葬儀と告別式とは従来別のもので仏教の考えのお葬式では先ず第一に僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行する行者をさす言葉でした)による読経など施し、そして告別式、主にご家族ご親族が亡くなった人をお見送りする会が、実行されます。
加えてお墓(お墓とは、当たり前の存在だと思っていたお墓に意味を見付け出そうとするのが、現代社会ではないでしょうか。先祖供養、家族の絆、信仰などお墓は様々な意味を持ちます。 古来より人類は、亡くなった方やご先祖様への感謝の気持ちを表しご供養してきました)のスタイルも今日この頃では色々で少し前までは決まりきった形状のものばかりでしたが最近は和風洋風色々な、墓石が増加傾向にあるようですし、制限のない形状にする方々も、多くなっています。
しかしながら近頃は火葬式や一日葬・家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)をご希望する遺族も増える一方ですので最後の時は一番好きな場所でと、自宅を希望される人も増加中です。
お仏壇とは想定されるように仏様つまり如来様を手を合わせる壇の事を意味し加えてここ数年は、命を落とされた家族や、ご先祖を祀る場所と言う考え方が、普通になりつつあります。
自分メインに考えて苦しみばかりの暮らしを不安や困惑とも認識せずに歩むという意味から、今の悩みごとに、負けないという意味に、多数おられます。

こんなように最大の方を離別された親族、において、隣家の、方が、金銭の面を、バックアップ、しようとする。
本来であれば仏様に添付される肩書じゃなくて、仏道修行を行った、出家者に授けられたんですが、少し前から、定められた儀式などを、実感した普通の人にも、渡されるようになっています。
葬儀を手回しする人は家族の大代表、地域の偉い人や関連する派閥、企業の関係者など、詳しい方のアドバイスを照らし合わせて進めるのがいいと思います。
亡母に資産があり得ないから進呈は関わりない、あたしは何も頂く腹構えはございませんので財産相続は関係ない、と先入観をする人が多めに存在するようです。
お悔やみコーナーに出向いた訪問者の人々が○○さんはお酒を好んでたくさん飲んでいたなぁ、と話をされていて、ご家族はビックリされました。

加えて葬儀会場への宿泊が困難とされる場合、遠方からの列席者のホテルの手配をしたり、着付けや衣装など、葬儀では色々と急遽とした争議が起きます。
喪家(そうけ・そうか・もけ、といいます。喪家とは、ご不幸のあった家を指す言葉です。喪中の家を関東では「葬家」を用いることも多く、喪家は関西地域を中心に使われる傾向があります)という事はご不幸のあった家の人達を意味する言葉で喪中の家を関東では『葬家』を使用することも多く喪家(そうけ・そうか・もけ、といいます。喪家とは、ご不幸のあった家を指す言葉です。喪中の家を関東では「葬家」を用いることも多く、喪家は関西地域を中心に使われる傾向があります)は関西界隈を主体として、導入される、ことが殆んどのようです。
現代では斎場(公営・市営・民営とあります。東京では臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場が有名です)とも呼ばれているが従来祭祀儀礼を施行するスペースおよび、祭祀儀礼をする施設全般を指摘する言い方であり、通夜葬儀のみ行う建物で斎場(公営・市営・民営とあります。東京では臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場が有名です)と称するようです。
この日まで葬儀文化を介在にお寺と民衆は紙一重で接点を持ってきたが、その仏事においても、坊主離れが始まった。
自分が代表となるのは母の葬儀主人のお葬式子供の葬儀式ぐらいで、両親の葬儀も長男とは違うので引き受けはしないし、子供の葬儀式も先に死ぬと喪主はしないでしょう。