奥様の父母は真言宗でそのお位牌を貯蔵するのですが、本人の居住地近所には黄檗宗の僧院がないと思います。
亡き人の遺志に従い身内だけで葬式を終わらせたところお通夜(通夜式ともいいます。近親者だけで仮通夜として過ごし、翌日に弔問客を受ける本通夜を行う場合もあります)から葬儀にかけて参加することが無理だった人が、お参りに足しげく我が家に、訪れ悲しみを癒します。
あるいは想像以上に時には事前に打ち合わせを、していた葬儀会社に葬儀を託すことが適いますから、本当に起こり得る時もじわじわと策を打つことができるはずです。
どんなに第三者から聞いたような書物に記されているみたいなここが一番とされる場所にしても毎日手を合わせられない、みたいな場所では、無意味だと考えられます意味がないと思います。
強烈な祭壇大勢の僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行する行者をさす言葉でした)大勢の会葬者を集めた葬儀だったとしても、冷え冷えとした空気だけが残る葬式もあるし、歴史のある寺院にとてつもないお墓(お墓とは、当たり前の存在だと思っていたお墓に意味を見付け出そうとするのが、現代社会ではないでしょうか。先祖供養、家族の絆、信仰などお墓は様々な意味を持ちます。 古来より人類は、亡くなった方やご先祖様への感謝の気持ちを表しご供養してきました)を建てようが、供養をする人がほぼいないお墓(お墓とは、当たり前の存在だと思っていたお墓に意味を見付け出そうとするのが、現代社会ではないでしょうか。先祖供養、家族の絆、信仰などお墓は様々な意味を持ちます。 古来より人類は、亡くなった方やご先祖様への感謝の気持ちを表しご供養してきました)もある。

セレモニー会場から弔辞を願い出た人に訪れるまで、要望すれば極小のことまで記す事が出来るのがエンディングノートのやりがいだともいえます
家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)には明らかな通念はなく遺族を中心に、近しい方など故人と結びつきのある人が揃ってさよならを言う特定数のお葬式を言うことが多いそうです。
斎場(公営・市営・民営とあります。東京では臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場が有名です)は本来古来神道の言葉遣いでセレモニーや儀式を行うところを意味をなしていましたが、今では、転じて主体的にお葬式を行うことが望める施設を指します。
地域密着が伝統的という業者がたくさなりますが今では色々な祭壇が出来る葬儀社(葬儀社とは、葬儀に必要な支度を調達し、葬儀を執り行う役割を請け負う仕事を行う会社です。また、葬儀を行う仕事やそれに就業する人のことを指します。葬儀や葬祭を執り行う際には、公的な資格や免許はありません。誰でも葬儀社を始めることができます)など、各々の特徴をいかした、葬儀業者も多数あります。
普通だったらお亡くなりになられた人に添付される名称ではなく、仏道修行を積んだ、出家者に受け伝えるものでしたが、ここ数年、システマティックな儀式などを、受けた一般の人にも、渡されることになっています。

葬式は寺院の仏教者によって授戒(仏門に入る人に戒律を授ける)と引導(死者を彼岸に導く)を行う仏事で、一般的には家族のみが参列されていました。
四十九日の際とは違い将来的に残る品で大丈夫だといえますしその場所の仕来り等によっても、バラツキがあるもので、百貨店などでご相談なされるのも仏具店などでご相談なされるのも、いいでしょう。
一思いに記したエンディングノートも在ることを揃って知らなければ価値がないので、信頼出来る人間に知らせておきましょう。
往生人の居住空間の始末汚れ落とし、残骸の廃材処理といった遺品生理は、もともと不要者の手で執り行うのが大衆的でした。
葬儀社(葬儀社とは、葬儀に必要な支度を調達し、葬儀を執り行う役割を請け負う仕事を行う会社です。また、葬儀を行う仕事やそれに就業する人のことを指します。葬儀や葬祭を執り行う際には、公的な資格や免許はありません。誰でも葬儀社を始めることができます)ってのは葬儀になくてはならない支度を奪取し葬儀を行う役回りを、担う仕事を行う会社で、葬儀を行う事や、それに就業する人達の事を言います。