納骨堂は全国各地にあり行くのに便利な寺や喧騒から距離を置いた、下町の寺まで、選択肢はたくさんあります。
徹底して列席者を何名ほどかに声をかけてどの程度のクラスのお葬式をすることを選択したり、故人の思いなどを配慮して、どのような形の葬儀(葬儀(そうぎ)あるいは葬式(そうしき)とは、人の死を弔うために行われる祭儀、葬制の 一部です。葬儀と告別式は、通夜との違いほど明確ではなくなっているため、葬儀と告別式の総称 として「葬式」を用い、葬式の中に「葬儀」と「告別式」があるという使い分け方もされるが、 本来、葬儀と葬式は同じ意味なので、この使い分けはあまり意味がない)式を行うかを決定したりしていきます。
通夜はこれまでは遺族が一晩の間仏に付き添うものだったが、現代では夜更け前に終了する半通夜が通例です。
火葬にあたる仕事の人は大正から坊主が民間の中に入り道ばたに見捨てられた死体を集め、供養(供養とは、仏や菩薩、諸天などの相手に尊敬の念から香華(こうげ)、燈明、飲食(おんじき)などの供物を心から捧げることを言います。サンスクリット語が元になっているといわれ、「尊敬」を意味する言葉の訳と言われています)して火葬したことが発端として、『オン坊』と呼ばれるようになったのだろう。
お葬式はお寺の僧侶による授戒(戒律を授けること)と引導(故人を彼岸に導くこと)を行う佛式で、通常では近親者が列席していました。

一家代表は通夜・葬儀(葬儀(そうぎ)あるいは葬式(そうしき)とは、人の死を弔うために行われる祭儀、葬制の 一部です。葬儀と告別式は、通夜との違いほど明確ではなくなっているため、葬儀と告別式の総称 として「葬式」を用い、葬式の中に「葬儀」と「告別式」があるという使い分け方もされるが、 本来、葬儀と葬式は同じ意味なので、この使い分けはあまり意味がない)・告別式の実務的な面での責任者となり広範の役割分担は列席いただいた人へのおもてなし、等が考えられます。
嫁の親御さんは浄土宗でそのお位牌を預け入れるのですが、愚生の住む傍には天台宗の寺院(寺院は、仏教における祭祀施設である。寺、仏閣ともいう。出家者が起居し宗教的儀式を行う施設である。 本来は仏教用語であるが、神道を除く諸宗教の教会・神殿を指す語としても広く用いられている)が存在しません。
身内と一定の人限定で招いて、お見送りする、セレモニーを、「家族葬」と見られるようになり、ここ何年かで、拡がって、こられたようです。
病院でお亡くなりになったケースだと数時間内に葬儀(葬儀(そうぎ)あるいは葬式(そうしき)とは、人の死を弔うために行われる祭儀、葬制の 一部です。葬儀と告別式は、通夜との違いほど明確ではなくなっているため、葬儀と告別式の総称 として「葬式」を用い、葬式の中に「葬儀」と「告別式」があるという使い分け方もされるが、 本来、葬儀と葬式は同じ意味なので、この使い分けはあまり意味がない)屋さんを選びその上その日のうちに2~3か月分の収入額の、買い物をすることになります。
喪家(そうけ・そうか・もけ、といいます。喪家とは、ご不幸のあった家を指す言葉です。喪中の家を関東では「葬家」を用いることも多く、喪家は関西地域を中心に使われる傾向があります)と言うものはご不幸のあった人達を指す言葉で喪中の家を東日本では『葬家』を用いることも多く喪家(そうけ・そうか・もけ、といいます。喪家とは、ご不幸のあった家を指す言葉です。喪中の家を関東では「葬家」を用いることも多く、喪家は関西地域を中心に使われる傾向があります)は関西各地を中心に、使用される、傾向にあるようです。

亡き人の生前からの考えを受けて身内だけで葬式を終わらせたところ葬儀(葬儀(そうぎ)あるいは葬式(そうしき)とは、人の死を弔うために行われる祭儀、葬制の 一部です。葬儀と告別式は、通夜との違いほど明確ではなくなっているため、葬儀と告別式の総称 として「葬式」を用い、葬式の中に「葬儀」と「告別式」があるという使い分け方もされるが、 本来、葬儀と葬式は同じ意味なので、この使い分けはあまり意味がない)告別式に参加出来なかった方達が、お参りしたいと頻繁に自宅へ、くるようになった。
当事者・家族・勤務先ご近所づきあい・ご友人・趣味の範囲を十分に調べ適応した助言と、最適な葬式プランを、ご説明させていただきます。
亡くなった人の家の後始末汚れ落とし、不要物の措置とかの遺品生理は、在来近親の方の強行するというのが通常でした。
とは言え弔辞を述べるご本人にしたら落ち着かなくなるものですから式の流れに盛り込まれるんであれば、早めに変更が出来るなら、承認を得るようにしましょう。
葬儀(葬儀(そうぎ)あるいは葬式(そうしき)とは、人の死を弔うために行われる祭儀、葬制の 一部です。葬儀と告別式は、通夜との違いほど明確ではなくなっているため、葬儀と告別式の総称 として「葬式」を用い、葬式の中に「葬儀」と「告別式」があるという使い分け方もされるが、 本来、葬儀と葬式は同じ意味なので、この使い分けはあまり意味がない)を事前準備する人は遺族の大代表、自治会の会長や関係する派閥、会社の人など、詳しい人の意見を比べて決めるのが良いでしょう。