一般の人々はご家族の背後に席をとり着いた方からご遺族の後方に座って、いただきまして、すいすいと案内できます。
若いころ父親を亡失したので仏事は弱くて、しかも相談できる知り合いもいないので、一周忌といっても何を行ったらよいのか分かりませんでした。
ご家族・親戚と少数の限られた皆さんのみを召喚して、お別れする、祭礼を、「家族葬」と言われるようになり、ここ何年かで、はやって、きたようです。
今日では斎場とも言われるが従来祭祀儀礼を執り行う場所および、祭祀儀礼を履行する施設全般を示す呼び方であり、通夜・葬儀(葬儀(そうぎ)あるいは葬式(そうしき)とは、人の死を弔うために行われる祭儀、葬制の 一部です。葬儀と告別式は、通夜との違いほど明確ではなくなっているため、葬儀と告別式の総称 として「葬式」を用い、葬式の中に「葬儀」と「告別式」があるという使い分け方もされるが、 本来、葬儀と葬式は同じ意味なので、この使い分けはあまり意味がない)・告別式のみ行う施設で斎場と称するようです。
死者を想い葬る場が故人を隣にして財産を奪い合う醜い家族の醜態となり誰が一体故人を見送っているのだろうか、という気持ちにさせられた事を記憶している。

往生人の住居の後始末清掃作業、不要物の処置などの遺品生理は、もともと家人の営むという意識が通常でした。
多くの遺族は葬儀(葬儀(そうぎ)あるいは葬式(そうしき)とは、人の死を弔うために行われる祭儀、葬制の 一部です。葬儀と告別式は、通夜との違いほど明確ではなくなっているため、葬儀と告別式の総称 として「葬式」を用い、葬式の中に「葬儀」と「告別式」があるという使い分け方もされるが、 本来、葬儀と葬式は同じ意味なので、この使い分けはあまり意味がない)をした経験がないのでいったいひようはいくら?葬儀(葬儀(そうぎ)あるいは葬式(そうしき)とは、人の死を弔うために行われる祭儀、葬制の 一部です。葬儀と告別式は、通夜との違いほど明確ではなくなっているため、葬儀と告別式の総称 として「葬式」を用い、葬式の中に「葬儀」と「告別式」があるという使い分け方もされるが、 本来、葬儀と葬式は同じ意味なので、この使い分けはあまり意味がない)社(葬儀(葬儀(そうぎ)あるいは葬式(そうしき)とは、人の死を弔うために行われる祭儀、葬制の 一部です。葬儀と告別式は、通夜との違いほど明確ではなくなっているため、葬儀と告別式の総称 として「葬式」を用い、葬式の中に「葬儀」と「告別式」があるという使い分け方もされるが、 本来、葬儀と葬式は同じ意味なので、この使い分けはあまり意味がない)社とは、葬儀(葬儀(そうぎ)あるいは葬式(そうしき)とは、人の死を弔うために行われる祭儀、葬制の 一部です。葬儀と告別式は、通夜との違いほど明確ではなくなっているため、葬儀と告別式の総称 として「葬式」を用い、葬式の中に「葬儀」と「告別式」があるという使い分け方もされるが、 本来、葬儀と葬式は同じ意味なので、この使い分けはあまり意味がない)に必要な支度を調達し、葬儀(葬儀(そうぎ)あるいは葬式(そうしき)とは、人の死を弔うために行われる祭儀、葬制の 一部です。葬儀と告別式は、通夜との違いほど明確ではなくなっているため、葬儀と告別式の総称 として「葬式」を用い、葬式の中に「葬儀」と「告別式」があるという使い分け方もされるが、 本来、葬儀と葬式は同じ意味なので、この使い分けはあまり意味がない)を執り行う役割を請け負う仕事を行う会社です。また、葬儀(葬儀(そうぎ)あるいは葬式(そうしき)とは、人の死を弔うために行われる祭儀、葬制の 一部です。葬儀と告別式は、通夜との違いほど明確ではなくなっているため、葬儀と告別式の総称 として「葬式」を用い、葬式の中に「葬儀」と「告別式」があるという使い分け方もされるが、 本来、葬儀と葬式は同じ意味なので、この使い分けはあまり意味がない)を行う仕事やそれに就業する人のことを指します。葬儀(葬儀(そうぎ)あるいは葬式(そうしき)とは、人の死を弔うために行われる祭儀、葬制の 一部です。葬儀と告別式は、通夜との違いほど明確ではなくなっているため、葬儀と告別式の総称 として「葬式」を用い、葬式の中に「葬儀」と「告別式」があるという使い分け方もされるが、 本来、葬儀と葬式は同じ意味なので、この使い分けはあまり意味がない)や葬祭を執り行う際には、公的な資格や免許はありません。誰でも葬儀(葬儀(そうぎ)あるいは葬式(そうしき)とは、人の死を弔うために行われる祭儀、葬制の 一部です。葬儀と告別式は、通夜との違いほど明確ではなくなっているため、葬儀と告別式の総称 として「葬式」を用い、葬式の中に「葬儀」と「告別式」があるという使い分け方もされるが、 本来、葬儀と葬式は同じ意味なので、この使い分けはあまり意味がない)社を始めることができます)に聞く前に世間相場をおさえておきたい、と不安を感じるそうです。
四十九日(満中陰法要ともいいます。故人が亡くなって49日目には四十九日法要を行います。この法要は、式場の手配や本位牌の用意など事前に準備しておくことが多く、スケジュールをしっかりと把握しておく必要があります)法事は法要会場の準備や位牌の手続きなど事前準備をすることが多々あり、(いつまでに何をやるのか)きちんと飲み込んでおく必要が要求されます。
お別れのタイムはみんなにより棺桶のなかにお好きな花などを供えて、死者との最終の別れをしてもらい、火葬場へ出立します。
通夜と言う施しを実施することで大切な人とのお別れという重大な変化を受け入れ、リスタートを切るための、一歩を踏み出すきっかけとなります。

お葬式にこだわりなどと予想外に感じると思いますがそれは葬儀(葬儀(そうぎ)あるいは葬式(そうしき)とは、人の死を弔うために行われる祭儀、葬制の 一部です。葬儀と告別式は、通夜との違いほど明確ではなくなっているため、葬儀と告別式の総称 として「葬式」を用い、葬式の中に「葬儀」と「告別式」があるという使い分け方もされるが、 本来、葬儀と葬式は同じ意味なので、この使い分けはあまり意味がない)を考えるうえでどういうところを優先するべきか、というところなのです。
斎場とは従来神道用語で典礼・儀式を行う場所を指しましたが、今では、転じてメインに葬儀(葬儀(そうぎ)あるいは葬式(そうしき)とは、人の死を弔うために行われる祭儀、葬制の 一部です。葬儀と告別式は、通夜との違いほど明確ではなくなっているため、葬儀と告別式の総称 として「葬式」を用い、葬式の中に「葬儀」と「告別式」があるという使い分け方もされるが、 本来、葬儀と葬式は同じ意味なので、この使い分けはあまり意味がない)式を執り行うことが望める建物を指します。
葬式セミナーや終活勉強会や葬儀(葬儀(そうぎ)あるいは葬式(そうしき)とは、人の死を弔うために行われる祭儀、葬制の 一部です。葬儀と告別式は、通夜との違いほど明確ではなくなっているため、葬儀と告別式の総称 として「葬式」を用い、葬式の中に「葬儀」と「告別式」があるという使い分け方もされるが、 本来、葬儀と葬式は同じ意味なので、この使い分けはあまり意味がない)式場内覧会などをやっているから、ひとまずそれらに加わってみることを訴えかけています
曹洞宗ではどこの仏様をご本尊様としてもなんでも菩薩に通ずるとした経典でありますが、死亡者宅で葬儀(葬儀(そうぎ)あるいは葬式(そうしき)とは、人の死を弔うために行われる祭儀、葬制の 一部です。葬儀と告別式は、通夜との違いほど明確ではなくなっているため、葬儀と告別式の総称 として「葬式」を用い、葬式の中に「葬儀」と「告別式」があるという使い分け方もされるが、 本来、葬儀と葬式は同じ意味なので、この使い分けはあまり意味がない)式をする際は、ご本尊という形で軸が使われています。
過去には墓園というと薄暗い感覚がしていましたが、只今は公園墓地等のオシャレな墓地が基幹です。