後悔しない葬儀のために

突然に訪れる大切な人の死、誰もが通らなければいけないラストシーン。だからといって、葬儀社を生前に決めておくのは誰しも気おくれしてしまうものではないでしょうか?

いざというときは誰しも慌ててしまい、選ぶ選ばないの余裕もなしに「病院の紹介で」あるいは「地元はみんなここに頼んでいるから」などで、葬儀社を決めてしまいがちです。その結果、人生に一度しかないお別れを納得できないまま終わらせてしまい後悔する方も多いのです。私もその一人でした

病院から「葬儀社をご紹介しましょうか」の言葉に、葬儀のイロハもわからない私の一言「お任せします」から後悔がはじまりました。

その結果、冬場の自然死(老衰)なのに通夜当日まで保冷庫に故人を入れられて、ろくにお別れもできない状況でした。今思えば明らかにオカシイことが当時は疑問に思いながらも葬儀の段取りで頭がいっぱいでした。

通夜当日に「お客さんが選んだ祭壇が今ないので一つ上ランクにしておきましたから」と言われて、なんの説明もなしに、後日、請求書をみると追加料金が加えられ、最終的に100名規模の葬儀費用は300万円となっていました。

葬儀の「そ」の字も知らない当時、この金額が妥当なのかはもちろん、勝手な追加請求にさえ、適切な判断ができなかったのです。ただ、まだ見積書が出ていただけ、ましだったのかもしれません。日本消費者協会の調査では、「見積書(請負書)を受け取った」のは全国で僅か4割しかないのです。

葬儀のことを知れば知るほど疑問が湧いてきました。 こんなことで本当にいいのか?! 知識のない一般の利用者が不利益を被らないようなサポートしてくれる機関はないのだろうか。

それが専門サポートを開始した原点であり、スタートでした。

よく提携するため葬儀社に面談して・・・というはじめて物語がありますが、最初から葬儀社が相手にしてくれるはずもなく、 私たちは実際に葬儀をされた地元の知人を1件1件回ってリアルな評判を聞き取ることから始めました。そこでようやく「ここだったら自分が葬儀を依頼したい」と思う葬儀社に辿り着きました。当時は構想にすぎなかったこの話をぶつけて、何度も話し合った結果、熱意が伝わり、思いを理解していただき、賛同を得る事ができました。

以降もずっと、「自分だったら依頼するかどうか」を根本基準として葬儀社と提携しています。 そのため多くの葬儀社と提携はできませんし、急激に提携先が増えることもありません。しかし、一定の信頼性を維持するには、この方法が最も良いのだと考えています。実際に葬儀社の社員に話を聞いたときに「自分の葬儀は自社には頼まない」というところもあるのです。

葬儀を行うときにどうしても気になるのは費用です。安ければ良いというのではなく、一体全部でどれくらいの費用がかかるのかが気になります。全部でどれくらい費用がかかるかがわかれば、「もっと好きだったお花を入れて欲しい」とか、「写真はできるだけ大きくして会葬のお客様へみえるように」とか、予算に応じた要望が出せるからです。

だからこそ、きちんとした「見積書」がとても大事なのです。しかし、素人である利用者が見積書の細かい項目をチェックしきれるはずもありません。

さらに、大切な家族の葬儀ですから、具体的でなくても「こうしてあげたい」という希望は誰しも持っています。ところが一方的に葬儀の方法や段取りを、決め付けてくるような葬儀社もなかにはいます。これでは誰が主体なのかわからないような葬儀となってしまいます。葬儀は流れ作業ではないのです。また奇抜である必要もありません。

遺族の形にならない意向を受けとめてくれるスタンスを持つこと、遺族の身になって最後のお別れの場をつくって欲しいと利用者は思っています。

だからこそ、葬儀社の「姿勢」はとても大事なのです。しかし、ほとんどの利用者が初めて施主となるときに、その葬儀社の姿勢まで把握することは困難です。

葬儀に限らず、見渡してみると、私たちは何についても知識が完璧であるはずがありません。いつでも業者の方が知識も経験も豊富な専門家なのですから、素人が太刀打ちできるはずもないのです。

だからこそ、その「溝」を埋めて、素人である利用者の立場に立った専門サポート、すなわち「利用者のためのサポート」が必要なのです。

その一方で、この専門サポートは、利用者の願いを業者側に的確に伝えることによって、業者にとっても健全で適正なサービスを育成できる、「業者のためのサポート」でもあるのです。

専門サポートとは大事な職域であり、誇りでもあります。そのためにも、葬儀社をはじめいかなる業者とも資本関係を持たず、「公平・中立・独立」の第三者サポートを提供してまいります。

そして利用者の方々がひとりでも多く納得がいく葬儀ができるように、その原点を忘れず、1件1件を大切にサポートいたします。

ご相談される相手がいない、調べる時間もない・・・、そのようにお悩みのときには、お気軽にお問合せください。

先祖代々に対しての供養でございまして身内たちで遂行する事が、最良だと思いますが、各々の理由で、する事が無理な時には、お寺に相談させてもらい、卒塔婆を立てるお参りだけを、要請する事もあります。
仏の教えを介在して常の不祥事を善処したり、幸せを祈る、そして、本尊を通して先人のお詣りをするのが仏壇の価値と思います。
さりとて弔辞を述べる当事者は緊張した時間を過ごしますから式次第に組み込むのでしたら、早めに依頼して、承認を得るようにしましょう。
満足できる葬式だったと思えるようにも明確でなくても良いのでこのような葬儀にしてほしいなぁ、ってイメージを、持つことが大切だと思います。
終の家屋で内輪だけの法事をされる場合戒名ではなく故人の名称のほうが心に残るのであればそれはそれでかまわないのでは、無いのではないかといえます。

関わりのあるお坊さんが承認していない、一族の家門の宗派が不明な方は、何よりもまず親類や祖父母に伺いましょう。
大阪 家族葬フェアや終活セミナーや葬儀式典見学会などをしていますので、とにかくそれらに行ってみることを要望しています。
鮮魚や野菜とは反してピーク時があるものとは違いまるで見ないで目を通さないであれこれ考えこむより、まずは実際に見て、自分の好きなカラーや、石肌石目を見出してください。
愚性が喪主となるのは父母の葬儀嫁の葬儀子供の葬儀ぐらいで、母の葬儀も末っ子なので任されはしないし、配偶者のお葬式も先立つと喪主はしないでしょう。
寺院とお付き合いなどなく通夜の場合に葬儀会社にお坊さんを指南して頂くケースは、お布施の金額はいかばか持っていけばいいのか流動的なので、心配を抱く人も多いと思います。

それに加えお墓の形態も今日この頃では色々で今までは決まった形のものでしたが現在では洋風の、お墓が多くなってきていますし、縛られない形にする家族も、増加中です。
亡くなった人の空間の整理クリーニング、残骸の待遇などを含んだ遺品生理は、もともと世帯の方の手で施工することが通常でした。
葬儀祭典から弔辞を貰いたい人に収まるまで、願いがあれば詳細まで記載することが出来るのがリビングウイルの実利でもあると思います。
大阪 家族葬には明瞭な体系はなく家族を真ん中に、近しい方など故人と交際の深い人が集結してお別れする少ない人数でのお葬式を指すことが多いですね。
仏式で行うときは安置は北枕にしますがご遺体安置の手段は仏式以外で神式、キリスト教などの、各々の宗教や宗派によってルールが変わります。

家族代表はお通夜・葬儀の実務的なところでの窓口となり広範の役割分担はご列席者への挨拶、などをすることが考えられます。
昨今は通夜・告別式をかからないダイレクトに火葬して納骨を取り仕切る『直葬』を執り行うご家族が増えているそうです。
多くの喪主は葬儀を執り行う経験はございませんのでいったいどれ位のお金が必要?葬儀社に聞く前に世間相場をおさえておきたい、と気にかかるようです。
哀悼コーナーに出向いた列席者の人々が酒が趣味の○○さんはとにかく飲みました、と申されていて、家族は驚かれておりました。
葬儀式や法要などで施料を包みますが寄付の包み方や表書きの書く手順など模範はありますか?

往生者は趣味は海釣りだったという故人の話を聞いていたから旦那さまを偲び釣りの想定で祭壇を、ご提言しました。
ここにきて墓石の製作工程の甚大な向上によりデザインの柔軟性が、めちゃくちゃ躍進し、あなただけのお墓を、自分で企画する事が、出来ることになったわけです。
若いときに母上を亡失したから法要には無知で、更には問い合わせる親族もいないから、五十回忌といっても何を行うのが良いのか分かりませんでした。
仏の供養をやる方が焼失してしまうと関係者、の引受人として、菩提寺の僧侶に申し込んで、お亡くなりになられた日に、ある程度の年数、供養をやってもらうこと、永代供養を意味します。
それはそれで弔辞を述べる本人にするとソワソワすることですから式次第に組み込むのでしたら、早めに変更が出来るなら、納得をして貰うようにしましょう。

大事な人の危篤を看護婦さんから告知されたら、近しい人間や本人が会いたいと思っていた人に、素早くお知らせをしておきましょう。
葬式は選択肢によって総額や内容が大きく違うだけに事前に東京都の、葬式の情報をおさえておけば、悔いが残らない、葬儀を執り行うことが可能です。
だけど近頃は火葬式や密葬・大阪 家族葬を選ぶ家族も増えましたから終の時間は想い出の場所でと、自宅を希望される人も増加中です。
一昔前まで親族の方が行動することが普通だったポピュラーだった遺品処理ですが、多事多忙だったり、遺品整理する場所が遠距離だったり、家族では行えないのが現実です。
頑として書き写したエンディングノートも在りどころをこぞって認識がなければ意味がないので、信頼出来る人間に伝言しましょう。

日蓮宗のお寺などにお勤めした経験のある人でしたら知っていると言われていますが、本堂に飛び込むと、最奥部の仏像を設置してある佛座や寺僧が祈るための壇が造られています。
大阪 家族葬勉強会や終活セミナーや大阪市立北斎場で家族葬見学会などをしていますから、何よりもそれらに参会することをアドバイスしております。
浄土宗ではいずれの聖人を本尊と理解してもまるまる仏様に関係するとした経典でありますが、死者宅で葬式を行う際は、本尊様として軸を使うことがあります。
しかしながら今時は火葬のみとか大阪 家族葬を選択する遺族も増えてきていますので最後の刻は一番大事な場所でと、自宅に帰りたいと希望する方も多くなっています。
父親に家財がないから贈与は関わりない、俺は何もプレゼントされる所存はあり得ないので相続は関係ない、と判断違いをされる輩が無数に見受けられます。

喪家という事はご不幸のあった家の人達を指す言葉で喪中の家族を関東では『葬家』という事も多く喪家は関西エリアを主として、使用される、ことがよくあるようです。
自分をベースに考えて苦しみ多き生涯を苦しみや悩みとも認識せずに生活するという事実から、今の不安に、負けないという思いに、増えてきた模様です。
葬儀は候補によって金額や内容が非常に差異が出るだけに事前に和歌山の、葬儀の概要を知っていれば、悔やむことない、葬式を執り行うことができます。
大阪 家族葬の感覚として私たちは『ご遺族だけの祭儀』『遺族と友人だけの葬式が大半のイメージで、大阪 家族葬儀の境界にに立ち入る感想も違うそうです。
名を惜しむ人が亡くなったことを認めた上で供養することで集結した親族や友達と、その悲しみの共感する事で、心がケアされていくのです。

施設で逝去された時病院から2~3時間で退去を依頼される状況も多々あり、お迎えのための霊柩車を段取りする必須です。
葬儀や祭祀などで施物を渡しますが布施の包み方や表記の書く手順などしきたりは存在しますか?
仏像や彫る人に対するいくつもの情報が記されており仏像の認識仏像の彫り方、名高い仏師掲載、種類や買い方、仏像とはなんぞや?魅力など多々あります。
まだまだ若きときに母上様を遺失したから祭祀は無知で、そのうえ問い合わせる親族もいないから、三十三回忌といっても何をすれば良いのか不明です。
火葬にあたる仕事をする人は大正から坊主が民間の中に入り道の隅に放置された遺体を集め、供養して火葬したことがはじめとして、『オン坊』と称されたのだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。