ご利用の手順(サービス内容)

特に業者主導といわれる葬儀(葬式)サービス業界の中で、知識不足により常に不利益を被るご利用者の立場に立った中立的専門職として、見積書から葬儀(葬式)後の請求書まで、チェック&サポートを無料で提供します。

適正葬儀(葬式)を共に創り上げ普及することに共鳴・尽力いただける、良質葬儀社のみを、経営理念・料金体系・現場確認・担当者面談を通じて厳選・提携し、無料でご案内します。

STEP1 無料相談・お問合せ

お急ぎの場合

電話相談、事前見積の手配、急なご葬儀の手配
選定した担当良質葬儀社のキメ細かい対応で
的確にお答えいたします。
口頭での概算相談も可能です。
内容により@サポーターがお答えいたします。

時間に余裕がある場合

メール送信フォームよりお問合せください。
24時間以内に@サポーターよりご返信いたします。

STEP2 無料見積り・打ち合わせ

担当良質葬儀社と見積の打ち合わせ

担当良質葬儀社が具体的な見積りを提出、丁寧にご説明 させて頂きます。(見積りは正式な契約ではありません。 お気軽にお申し付け下さい。) その後、サポート専門員が見積り書のチェックを行いま す。直接担当葬儀社に言いづらい事などございましたら お申し付け下さい。

STEP3 ご葬儀の依頼

もしもの時や、納得できたら葬儀依頼

24時間葬儀案内が厳選した葬儀社をご案内致します。 見積り時から明瞭会計を徹底しており、過剰な請求を 立てる葬儀社とは一切提携しておりません。 さらに、サポート専門員によるご葬儀(お葬式)実施 中の疑問・不安へのサポートと、見積り〜請求までの 明細のチェックで、2重の安心をご利用頂いたお客様に ご提供致します。 24時間葬儀案内は、ご葬儀(お葬式)実施した提携葬儀 社の利益より、一定割合の料金を頂き運営しております。 葬儀会社が広告・営業費として、もともと葬儀価格体系 に含む経費範囲ですので、ご利用者の負担が発生する事 は一切ありません。

進行途中での対応サポート

不安や疑問がありましたらご連絡ください。
24時間承ります。

サポート専門員が葬儀の現場を抜き打ちでチェックいたします。(火葬のみを除く)

直接、サポート専門員が抜き打ちで葬儀式場に伺います」。現場チェックにより、課題があれば、担当葬儀社へ指示改善を促します。

葬儀後の「利用者アンケート評価」と、この抜き打ち現場チェックにより、
提携葬儀社のスキルアップを図り、ご利用者の満足度を追及します。

日本消費者協会のデータと比較しましても、案内対応地域では、24時間@葬儀案内平均では、 約半額でご葬儀(お葬式)が提供されています。

A)葬儀一式費用 B)飲食接待費用 C)寺院の費用 葬儀費用合計
(A+B+C)
全国平均 150.4万円 38.6万円 48.6万円 236.6万円
高額エリア例
関東B平均
(東京・神奈川・
埼玉)
178.5万円 66.1万円 64.1万円 313.0万円
24時間@葬儀案内
平均
97.7万円 25.3万円 30.0万円 148.0万円
関東Bからの
差額(率)
-85.8万円 -40.8万円 -34.1万円 -165.0万円
48%OFF 62%OFF 53%OFF 53%OFF

STEP4 葬儀後のアフターチェック

無料で、葬儀社からの請求書をチェック致します。
直接担当社に言いづらい事などございましたらサポートいたします。お気軽にお申し付けください。

凛とした区別がない『大阪 家族葬』という用語ですが、もっぱら家族や友人、親しい方をメインとしたわずかな人での葬儀のブランド名として利用されています。
鮮魚や野菜とは裏腹にシーズンのあるものとは異なりまるで見ないでとやかく考え込むより、こういう風に実物を見て、自分の好みの色や、石肌石目を探し当てましょう。
壮大な祭壇たくさんの僧侶たくさんの会葬者を集めた葬儀とはいえ、冷え冷えとした空気が張り詰める葬儀もあるし、歴史のある寺院にとてつもないお墓を建てようが、供養をする人が大していないお墓もある。
さらに大阪市立北斎場で家族葬への宿泊が難しいとき、地方からの参列者の宿の準備をしたり、貸衣装や着付けなど、仏事では何かと突然のトラブルが起こります。
こんな風に大事な人を死別された身内、に関しては、周辺の、方々が、経済の事情を、サポート、してあげる。

仏事や祭事から色んな進行日々の生活に関するサポートまで丸ごと受け入れされていただいている以外施主家族の気持ちのケアにも、挑戦しています。
法要列席の方々に心を浄め聖人の御前に仏になられた死人を迎えて、更に心を酌み交わし、お祈りをするものであります。
両親に資力がないから財産贈与は関係ない、私は何も頂く下心はないゆえに財産相続は関係ない、と記憶違いをする家族が仰山いそうです。
大抵の遺族は葬儀を行った事例がないので費用が分からないので不安葬儀社に聞く前に世間相場をおさえておきたい、と不安を感じるそうです。
親族代表はお通夜・葬儀の実務的なところでの窓口となり広範の役割としては列席いただいた人へのおもてなし、などが存在するようです。

『終活』と言うのは字のイメージ通り渡世の終わり方のセミナーなどであり、ラストライフを更に好事にすべく先立って準備しておかないとと言われている取り組みを指します。
更に想定していない場合には以前に打ち合わせを、していた葬儀屋に葬式をお願いすることが叶いますので、本当に起こり得る時も柔らかに対策することができるはずです。
しかしながら今時は火葬のみや大阪 家族葬を選択する家族が増えてきていますので終の日々は想い出の場所でと、ご自宅に帰る方も増えました。
儀礼は何べんも取り仕切ることだとは限りませんので、認識する葬儀屋ががほぼなくて病院が仲介した大阪市北区にある公営斎場で葬儀をしたいときは、大阪市立北斎場で家族葬をご覧になってください。手順が分かりやすく紹介されています。にお願いする事が多々あるようです。
お仏壇とはご想像通り仏様つまるところは如来様を手を合わせる壇の事でそれに加え最近では、亡くなった身内や、ご先祖を祀る為の場所と言う見方が、社会的になりつつあります。

普通の列席者はご遺族の後ろ側に座り訪ねてきた順に家族の後方に座って、くださると、自然に誘導できます。
『終活』と言われるのは字のイメージ通り一生涯のきれいな幕のとじ方であり、ダイヤモンドライフを格段に良いものにすべくその前に手回ししていようとされる活動の事です。
葬儀の動向や進行すべきポイントは葬儀屋が教授してくれますしご家族の挨拶もテンプレートが所持していますから、それをちょっと喪主の言葉をプラスして挨拶として話せばいいのです。
ズバリと骨格がない『大阪 家族葬』という言い方ですが、主部に喪主や親族をベースとした特定数の人の葬儀の美称として行使しています。
良いお見送りする会とはさよならだけに専念できる葬儀のことですいすいと無事に葬儀を締めくくりことができ、後悔なくサヨナラを行うことが、良い葬儀かもしれません。

それなりのお葬式をするのであればやはり一定レベル以上にプラスされますが、何だかんだと画策すれば、概略100万は、削減が可能です。
葬儀は候補によって金額やスペックが大きな格差が出るだけに事前に和歌山の、葬儀の情報を把握していれば、失敗と思わない、葬式を行うことが可能です。
お葬式にこだわりといったような想定外と感じるかもしれませんがこれは葬儀を考えるときにどういうところを優先するべきか、という意味だと考えます。
仏のお参りをする人が失い消えてしまうとか身寄りの人、の代理として、菩提寺の僧侶に連絡を取り、お亡くなりになられた命日に、ある決められた年月、供養すること、永代供養と呼んでいます。
このごろ墓石の製造工程のかなりの向上により形状の柔軟性が、非常に躍進し、あなただけの墓石を、自ら企画する事が、出来るのです。

死んだ方の現場の美観清掃作業、屑の待遇などを含んだ遺品生理は、旧来家族の方の仕切るというのがポピュラーでした。
通常こちら側は『法事』と言うそうですが、きっちり言うと、僧侶に読経を読んでもらうことを「法要」と言っていますので、法要と後席の食事会も含んだ催事を『法事』と言われています。
スケールやシリーズによって信頼が変化することではなく葬儀社の持ち味や特性色々な応対で、判断することが大事です。
現代では通夜式・告別式を行わずダイレクトに火葬して納骨をやる『直葬』を実践する家族が増えています。
葬儀と告別式とは元来分けて行うもので仏教の考えの葬儀では先ず初めに僧侶による読経など行い、その先に告別式、主に家族が故人とお別れする会が、施されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。