最近僧侶などは葬儀式や法要で読経する人という感じが強いですが、今まで僧侶とは釈迦の言葉や、仏教などを正確にわかるように、言葉にするのが正業なのです。
仏式の時では北枕で安置しますがご遺体安置の手法は仏式以外の神式、キリスト教などの、一つ一つの宗教・宗派によって習わしが変わっていきます。
ご自身の葬儀や葬送の進行について生きているうちに決めておく事を希望する方家族と相談して決めたりエンディングノートに書いて伝える人もいます。
葬儀にこだわりといったような意外と思うかもしれませんがお葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)を想定する場合には何を大事にどこを優先すべきか、という意味だと考えます。
私共が喪主となるのは父の葬儀主人のお葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)娘の葬儀式ぐらいであり、親のお葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)も長男じゃないので引き受けないし、子供の葬儀も先立つので喪主はしません。

多くの遺族は葬儀を行った事例がないのでいくらかかるのか不安葬儀屋さんに聞く前に誰かに聞きたい、と不安を感じるそうです。
そのうえお墓の形状も最近ではバラエティ豊かで以前はお決まりの形状ばかりでしたが今日この頃では洋風の、お墓が増加中ですし、思いのままの形にする家族も、多々見られます。
大切だった方が亡くなった事実を現実として認め重要な人がこの世からいなくなったことを意識した上で個人をお参りし集まった家族や友達と、その気持ちを同調する事が、心がケアされていくのです。
死亡者の生前からの考えを受けて慎ましく近親者のみで葬儀を執り行い済ませたところお通夜(通夜式ともいいます。近親者だけで仮通夜として過ごし、翌日に弔問客を受ける本通夜を行う場合もあります)・葬儀告別式に参列することが無理だった人が、手を合わせに頻繁に実家へ、訪れ悲しみを癒します。
喪家と呼ばれているのはご不幸のあった家の人達を意味する言葉で喪中の家を関東では『葬家』を使用することも多く喪家は関西エリアを主として、用いられる、傾向にあるようです。

お葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)セミナーや終活情報セミナーや式場見学会などをしているわけですから、何よりもそれらに訪問してみることを導いています。
良いお別れの儀式とはさよならに集中出来る葬儀のことで円滑に葬儀を完遂でき、後悔なくさよなら出来ることが、良い葬儀と感じられます。
ホスピタリティで亡くなったケースでは霊安室から2時間程度で退去を要請されるケースも多々あり、迎えるための車を段取りする絶対です。
聖人の教えをまとめて年中の出来事を排除したり、幸せを祈る、または、菩薩を通して代々の供養をするのが仏壇の役割だと思います。
昔はお通夜(通夜式ともいいます。近親者だけで仮通夜として過ごし、翌日に弔問客を受ける本通夜を行う場合もあります)に喪主喪家の口上はありませんでしたが、先ごろでは通夜に参加者が増えていて、お礼される方も増えているようです。