最近では斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場や瓜破斎場が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)と言っていますが古来祭祀儀礼を執行する場所および、祭祀儀礼を開く建物全般を指摘する呼び方であり、通夜・葬儀・告別式のみ行う建物で斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場や瓜破斎場が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)と言うものも多いです。
己妻の親族は浄土真宗でそのお位牌を保管するのですが、小生の住んでいる近隣には浄土宗の寺院がないのです。
四十九日法要の時とは異なり後々に残存するもので結構だといえますしその場所の慣習等によっても、開きがありますので、仏具店などでお問い合わせしてみるのも仏具店などでご相談なされるのも、良いかと思います。
葬儀式は数回も執り行うわけではありませんので、知っている葬儀業者がが少なくて病院で教えてもらった葬儀業者に頼む事が普通です。
はじめて葬儀を執り行う人は恐怖が湧いてくると考えますが葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)は一生涯で数回も執り行うことではないから、往々の方はアマチュアです。

通夜と言う催しを執り行うことでご家族の死というつらい相違を受け入れ、自分の中でけじめをつけて新しい生活を、大きなきっかけとなります。
無宗教のお見送りの際は制限がないのに反しそれ相応の台本を準備する、方がいいこともあり、ご期待や想いをもとに、お別れの儀を生み出す、流れが基本です。
壮大な祭壇(祭壇とは、葬儀式に用いられる壇をいいます。遺影写真や供物や飾り、故人を偲び供養します。仏式の葬儀の場合は、祭壇の前には経机が置かれて、お坊さんが読経をします)数人の僧侶たくさんの会葬者を集めた葬儀とはいえ、シーンとした空気だけの葬儀も存在するし、由緒あるお寺に威厳あるお墓を建てようが、供養をする人がさほどいない墓石もある。
家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)には妥当な概念はなく親族を主体に、友人など故人と関係性の強い人が集まり決別する多少のお葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)を指すことが多いですね。
先祖代々に関しての供養でございまして家族ですべきことが、超したことは無いのですが、それぞれの事情で、する事が無理なケースには、僧侶に連絡を入れ、卒塔婆を立てる供養だけを、手配する事もあります。

ご自身の葬儀や葬送の段取りについて生前から決めておく事を望む方ご家族と談合したりエンディングノートに書き写す人も増えております。
火葬に相当する職人は歴史ある時代から坊主が人々の中に入り込み道端に捨てられた死体を収集し、お参りして火葬したことが始まりとして、『オン坊』と呼ばれるようになったのだろう。
元々遺族の人で行うことが通例だった通俗的だった遺品処理ですが、せわしかったり、遺品整理する家が遠地だったり、家族では行えないのが現実です。
今まで通夜に代表の口上はなかったですが、近年では通夜に参列者が増加しており、謝辞を述べる方も増加しています。
浄土真宗ではどちらの仏をご本尊と考えてもなんでも菩薩に関係すると考えた教えでありますが、往生人の家でお葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)をお葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)を行うときは、本尊様としてお軸が用いられたりします。