実際的に来た人を何名ほどかに声をかけてどれくらいの大きさの葬儀を行うのかを選択したり、故人の信仰を配慮して、どんな感じの葬儀にするかを選択したりしていきます。
一日葬とは元来は前夜に通夜式を行い、次の日に葬儀・告別式と二日間に渡り執り行われるお葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)を、通夜をしないで一日で完成する葬儀式の形です。
近代では斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場や瓜破斎場が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)と呼んでいますが従来祭祀儀礼を施行する場所および、祭祀儀礼を実行する施設全般を呼ぶ言い方であり、お通夜(通夜式ともいいます。近親者だけで仮通夜として過ごし、翌日に弔問客を受ける本通夜を行う場合もあります)葬儀のみ行う施設で斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場や瓜破斎場が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)と呼ぶ事が多いみたいです。
お仏壇とは想像できるように仏様結局のところは如来様をお勤めする壇の事を指し加えて近頃では、命を落とされた身内や、ご先祖を祀る場所と言う捉え方が、常識的になってきました。
臨済宗ではいずれの菩薩をご本尊様と考えてもどれもこれもお釈迦様に関係するとした教えだと思いますが、死者宅で葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)を葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)をするときは、ご本尊様として軸が使われています。

元々通夜に施主のご挨拶はなかったですが、昨今ではお通夜(通夜式ともいいます。近親者だけで仮通夜として過ごし、翌日に弔問客を受ける本通夜を行う場合もあります)に参列する方が多く、謝辞をされる方も増えているようです。
葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)や仏事からほとんどの手続き身の回りに懸かるサポートまで全部お任せして頂けるほかご家族の精神上のケアにも、向き合っております。
追悼コーナーに足を向けた参加者の人々が酒好みの○○さんは十分飲んでいたなぁ、と話をされていて、ご遺族は感動されてました。
自分のお葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)や葬送のしかたについて生前から決定しておく事を希望する人ご家族と談合したりエンディングノートに記す人も増えています。
自己中心的になって苦しみ多き生涯を悩みを把握することもなく暮らす実態から、今の悩みごとに、へこたれないという感じに、多くなってきました。

関係のある僧が覚えがない、当人の主家の宗派が知らされてない方は、とにかく親類や従妹に伺うといいですよ。
今まで葬儀業界を中継としてお寺と檀家はギリギリで繋がりを持ってきたが、その葬儀においても、お寺離れが始まった。
今日この頃は墓石の製作工程の大幅な変化により形状の自由度が、思い切り高くなり、あなただけのお墓を、自分で設計する事が、出来ると言うことになったわけなのです。
通夜はこれまでは家族や近親者が日が昇るまで死者にお供するものが当たり前だったが、現代では夜半に終了する半通夜が普通です。
だからと言って弔辞を述べる本人にすると緊張すると言えますから式の流れに盛り込まれるんであれば、早々にご相談させてもらい、承諾を得るようにしましょう。