法事参加の方々に気持ちを静め最澄の前面に仏になられた亡き者を迎えて、更に心を酌み交わし、ご供養するものだと考えます。
喪家と呼ばれる意味はご不幸のあった家の人達を意味する言葉で喪中の家を東日本では『葬家』を使用することも多く喪家は関西界隈を中心に、利用される、傾向にあると言えます。
家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)には確かな骨格はなく親族を中心に、近しい方など故人と良いご縁の人が集合しお別れする少数での葬儀を指すことが多いそうです。
お葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)や法要から数多くの手続き暮らしに関するサポートまで隅々までお任せいただけるほか家族の心の手伝いにも、弊社は力を入れています。
昔からお参りされていた仏壇にはキズや汚れの張り付き木地の反り金具の壊れ、彫刻の破損金箔のはがれ、により、見た感じが衰えます。

お仏壇とは考えられるように仏様結局のところは如来様を手を合わせる壇の事でその事に加え近年では、命を落とされた身内や、ご先祖を祀る為の場所と言う見方が、常識的になってきました。
仏は釣りが大好きだった故人の事情を聴いていたので釣りが趣味の故人のために海のイメージで飾りを、プランニングしました。
『終活』って見たまま渡世の終わり方の勉強であり、生涯の最後を格段にゴージャスなすべく先立って準備しておかないとと言われる活動の事です。
往年はお通夜(通夜式ともいいます。近親者だけで仮通夜として過ごし、翌日に弔問客を受ける本通夜を行う場合もあります)は故人と親しい人たちが夜明かし仏の横で見取るのが慣習でしたが、昨今は訪問者を参じて通夜を施工し、2時間程度で完了するのが大衆的です。
亡くなった人の空間のまとめクリーニング、ボロの措置とかの遺品生理は、現在に至るまでファミリーの方の手で施工することが通常でした。

斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場や瓜破斎場が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)というのは本来神道の用語であり祭事・儀式を行う場所を位置付けしましたが、今日では、転じて集中的に葬儀式を行うことが可能な建物を言います。
これまでは墓園というものは陰鬱な想いがすると言われましたが、近年は公園墓地といった明るいお墓が基幹です。
一日葬とは一昔前は前日に通夜式の法要を行い、翌日にお葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)と二日間行われる葬儀式を、通夜式なしで一日で完成する葬儀式の流れです。
そういったように有力な方を離別した親族、を対象に、近くの、顔見知りが、お金の面で、応援、してみる。
仏式の時では安置は北枕にしますがご遺体安置の習わしはキリスト教・神式など仏式以外の別々の宗教・宗派によって決まりごとが変化します。