以前は墓園というものは薄暗い感じがしていましたが、最近は公園墓地みたいな明々な墓園が多数派です。
「葬儀お坊さん」という言葉も「葬儀・法事だけに関わる宗教者」を嘲笑った言い方だけでなく「葬儀に取り組むから穢れている」という訳合をと言うこともある。
お悔やみコーナーに足を進めた列席者の人々が○○さんはお酒を好んでたらふく飲んでいたなぁ、と喋られていて、奥様は驚かれていました。
病院で亡くなったケースだと2~3時間で葬儀社(葬儀社とは、葬儀に必要な支度を調達し、葬儀を執り行う役割を請け負う仕事を行う会社です。また、葬儀を行う仕事やそれに就業する人のことを指します。葬儀や葬祭を執り行う際には、公的な資格や免許はありません。誰でも葬儀社を始めることができます)を選びそれからその日のうちに2~3か月分の収入と同じ金額の、購入をする必要が出てきます。
家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)儀の現象として世間は『家族だけの祭事』『家族と親族だけの葬儀』が多くいるようで、家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)の領域ににまたがる傾向も様々のようです。

小生が喪主となるのは両親のお葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)夫人の葬儀娘の葬儀ぐらいで、父の葬儀も三男だからやることはないし、息子の葬儀式も先に死ぬと喪主はしないでしょう。
病院で亡くなられた時病床から数時間以内に退去を要請される事態も多々あり、お迎えの車を手筈する急がれます。
『終活』と言うのは字の感じ通り一生の終わるための活動であり、生涯の最後を格段にゴージャスなすべくその前に段取りしておかないととされている活動を言います。
終活とはこれからの生を『どういう風に生きていきたいか』といった願望を実施すること、シンプルライフの終焉に向かって行動的に用意することで、いけてる生きていく行動です。
親族代表は通夜式・葬儀告別式の実務的な部分の窓口となり広い役目としてはご参列いただいた方への挨拶、などが存在するようです。

本来であれば命を失った方に添付されるお名前ではなく、仏道修行で精錬した、出家者に示教するものでしたが、ここ数年、変わる事が無い儀式などを、参加した普通の人にも、伝授されるようになっています。
そのうえお墓のスタイルも昨今では色々とあり今までは決まった形のものでしたがこの頃では洋風の、墓石が増加していますし、自分の思い通りの形状にする方も、多数おられます。
喪家という事はご不幸のあった家の人達を指し示す言葉で喪中の家を関東では『葬家』という事も多く喪家は関西エリアを中心に、活用される、傾向がみられると考えられます。
仏の考え方を尊重し親族のみで葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)を済ませたところお通夜(通夜式ともいいます。近親者だけで仮通夜として過ごし、翌日に弔問客を受ける本通夜を行う場合もあります)・葬儀告別式に故人をしのび故人に手を合わせ、お参りにちょくちょく自宅に、くるようになりました。
無宗教の葬儀告別式は縛りのない反面それ相応のシナリオを指し示す、こともありますが、お望みや想いをもとに、お見送りの儀を生み出す、流れが基本です。