家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)には明瞭な認識はなく家族を主体に、親しい人など故人と深い人が寄合い見送るほんの少しの葬儀を指すことがだいたいですね。
葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)を事前準備する人は家族総代、自治会の代表や関連する派閥、会社の関係者など、信用の高い人の助言を比べて決めるのが良いでしょう。
一思いに記した遺言ノートも在りどころを誰も知らなかったら無意味なので、信じられる人に伝えましょう。
私らしい末期を迎えるために彼が健康を損ねたり出来事で衰えたり災害で明言出来なくなっても晩期まで父の考えをあがめた治療をするでしょう。
往年は通夜は故人と仲の良い人が夜中死者に付き添うというのが一般的でしたが、近頃は列席者をお呼びして通夜式を行い、数時間以内に完了するのが大衆的です。

今日日はお寺などは葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)や法要でお経を読む人という意識がありますが、古来から仏教者とはお釈迦様の教えや、仏教を正確にわかりやすく、言葉にするのが勤務なのです。
祭祀は寺院の坊主による授戒(仏に入る者に戒律を授ける)と引導(彼岸に導くこと)を行う祭祀で、通常では親類が参列されていました。
また予想外の時には生前に打ち合わせを、していた葬儀業者に葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)を要請することが可能なので、本当に起こり得る時もゆっくりと適応することができるはずです。
付き合いのある寺院が理解していない、自分達のお宅の宗派が知らされてない方は、何よりもまず親類や従妹に聞くのがいいですよ。
納骨堂は全国各地に存在しており訪問に便利な寺や都内から離れた、静寂な寺まで、候補は多いです。

四十九日法要の時とは違って後々に残存するもので結構だと思いますしその場所の慣習等によっても、開きがありますので、デパートなどでお問い合わせされるのも仏具店などでご相談なされるのも、いいんじゃないでしょうか。
これまで通夜に施主の口上はありませんでしたが、j今日日はお通夜(通夜式ともいいます。近親者だけで仮通夜として過ごし、翌日に弔問客を受ける本通夜を行う場合もあります)に会葬者が増えており、口上を述べる人も増加したと言われています。
世間一般の人は遺族の後ろのほうに座り着いた方からご家族の背中側に座って、もらえば、滑らかに案内できます。
喪家の代表は葬儀告別式の実務的な面での代表となり広い役割分担は出席者へのおもてなし、などが考えられます。
死没者の家の整理汚れ落とし、不要家具の待遇などを含んだ遺品生理は、今まで家族の方の手で施工することが定説でした。