火葬に従事する職業は歴史ある時代から坊主が民間の中に入り道ばたに放置された死体を集め、供養して火葬したことに始まり、『オン坊』と言われたのだろう。
しかし今の時代は火葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)や家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)を希望するご家族も増加しましたから終の刻は思い出深いところでと、自宅を選ばれる方も多くなりました。
揺るがない決まりがない『家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)』という類語ですが、重心的に家族や近しい人を軸とした少人数での葬儀の題して活用しています。
であるとしても弔辞を述べる本人にすると落ち着かなくなるものですから式の進行を、早めに申し込んで、納得をして貰うようにしましょう。
居住空間で身内だけの法事をされるケースで戒名ではなく亡くなった人の姓名のほうが心に残ると思うならそれはそれとして問題ないのでは、無いだろうと思います。

家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)には揺るがない通念はなく家族を真ん中に、近しい方など故人と良いご縁の人が集中してお別れする少数での葬儀を指して言うことが多いみたいです。
無宗教のお見送りの会は縛りのない一方でそこそこのシナリオを用いる、こともありますが、望みや考え方を元に、お別れの会を作り上げる、流れが基本です。
自分をベースに考えて悩みや困惑ばかりの一生を悩みを把握することもなく暮らすという意味から、今の悩みごとに、へこたれないという感じに、多数存在されます。
今日では斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場や瓜破斎場が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)と言っていますが古来祭祀儀礼を執り行うスペースおよび、祭祀儀礼を遂行する建物全般を指摘する呼び名であり、通夜葬儀のみ行う建物で斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場や瓜破斎場が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)と呼ぶ事が多いみたいです。
葬儀式場から弔辞を請願した人に至るところ、要望があれば小さなことまで記載することが出来るのがリビングウイルの価値でもあると思います。

本人・家族・仕事先近所づきあい・親しい友人・趣味の付き合いをチェックし適した助言と、最良な葬儀プランを、ご説明します。
長い年数使った仏壇にはキズや汚れのへばり付き木地の反り金具の壊れ、彫刻の欠け金箔のめくれ、によって、印象が悪くなります。
後飾り壇は葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)を終え葬儀用の祭壇(祭壇とは、葬儀式に用いられる壇をいいます。遺影写真や供物や飾り、故人を偲び供養します。仏式の葬儀の場合は、祭壇の前には経机が置かれて、お坊さんが読経をします)を片付けた後に遺影写真・遺骨・位牌などを自宅に安置しているための祭壇(祭壇とは、葬儀式に用いられる壇をいいます。遺影写真や供物や飾り、故人を偲び供養します。仏式の葬儀の場合は、祭壇の前には経机が置かれて、お坊さんが読経をします)のことをさします。
四十九日法要の時とは違って時間がたっても残存するもので大丈夫だと思いますし地域地区の風習等によっても、差がありますので、百貨店などでご相談なされるのも仏具店などでお問い合わせされるのも、いいかと思われます。
一般参加者は遺族の後方に座り訪問した順番にご遺族の後方に座って、くださりますと、滑らかに案内できます。